RiKo-RiKo sensation!

思ったことや感じたことを書きます

ヴァンガードのデッキを組みました②

組みましたってあるけど組んでるところ

前回の「七海ランナー」を組む時にお試しでGユニット買ったのに出せないのが癪だったので同じグランブルーの「ナイトローゼ」を組もうと思い探すことに

再び秋葉原に行くもののおばけのばーなーど、みっくー家、ネグロリリーは買えたけど他のが高くて手が出ない。

そこでネットショッピングを活用することにしました。

まずはメルカリ、グランブルー詰め合わせにスケルトンの砲撃手、ネグロルーク、ネグロボーン、ナイトストームあたりのやや高めのカードのセットで600円とネグロレイジー2枚999円のものがあったので購入することにしました。しかも自分の入会時と🐴に招待コードを入れてもらってクーポン600円ついてたのでかなりお得に買えてラッキー👌

メルカリにはほかに安いのがなかったのでヤフオクを見てみると、夜薔薇の吸血姫ナイトローゼと竜巻のジンがそこそこ安く売られていましたがヤフオクの買い方がいまいちわからないので保留。

その後ネットを探してたら普通のカートショップの通販でランペイジシェイド、G3のナイトローゼ、残り2枚のネグロレイジーなどを秋葉原で見た最安値くらいの価格で購入することが出来ました。使ったのはフルアヘッドってサイトと38(さんえいと)っていうサイトです。送料もカードだと100円ぐらいで済みます。

38の方は沼津にあるらしいのでそのうち寄ってみたいですね。

なんやかんやで5000円せずにナイトローゼの主要パーツが揃いました。七海も2000円くらいしかかかってないのでカードゲームの初期投資としてはかなり安いんじゃないかなって思います。ネットショッピングをうまく利用すれば得できるのがわかって良かったです。しかも家でごろごろしながら届くの最高。

クレカ支払いにしたけどまだクレカに引き落とし連絡が来てなくてちゃんと払えてるのかは不安ですが、クレカだと手数料かからないしカードゲームだとコンビニの手数料で1枚2枚買えちゃうから節約したいんですよね。ただ、コンビニの方がちゃんと支払った感があるので安心はできます。

なんやかんやいってメルカリのポチポチですぐ買えるのめちゃくちゃいいなって思った。メルカリはすごい。

 

 

ヴァンガードのデッキを組みました

どうもりこせんです

タイトルの通りです。前から🐴にヴァンガードのデッキを貸してもらって何回かプレイしたことがありました。

昔は遊戯王を友達とプレイしてて(大会は出てないけど)その友達と旅行するからまたデッキ組み直してやろうかなって思って、秋葉原でカードショップでカード買ってたけど手札誘発の高いカードに手が出なくて、それならいっそ🐴とプレイ出来るヴァンガードのデッキを組んでみようって思いました。

早速ヴァンガードギアってサイトで最近のデッキを見漁ってたら「七海ランナー」ってデッキが入賞していて、調べたら安く組めることが分かったのでそれにしました。

遊戯王時代に知ったカードショップを行ったりきたりして探したんですけどまあ見つからない。

ようやくイエローサブマリンで大部分が購入できて、あっちの方が安いこっちの方が安いって見ながらストライドのカードも数枚買いました。1200円が相場のカードが800円で2枚買うか迷ったけどやめました。

しかし残り11枚にして残りが見つからずバイトへ

翌日、東京の西の方にバイトで行く機会があったので終わったあとでブックオフに行ってみたら昨日800円のカードが550円で売ってたのでアドを取りました。普段派遣バイトの昼飯は遠いところ行った時はそこの有名なお店行くようにしてるんですけど、今回は(お金が無かったので)有名チェーン店である吉野家に入りました。店員がソフトバンクのキャンペーンやめて欲しいって言ってて面白かったです。

それでもまだ足りなかったので池袋で残り探しました、ヴァンガードのカードサイトに7円って書いてあったカードが150円だったけどもはや10店舗ぐらい回ってたので諦めて購入しました。そのくせマリガンしても初手に来てトリガーで引けない「演奏するゾンビ」、許さないからな。

結局「イービルシェイド」ってカードが無かったので諦めて裏にして代用し🐴とヴをすることに。ここまで2日、ストライドのカード以外は2000円ぐらいで揃いました。

プレイした感想ですが、デッキ名にもある「ナイトランナー」がまずシンプルに強く、それと「ナイトクロウ」の組み合わせが揃うと毎ターン4枚墓地肥やし+蘇生ができるのでわかりやすく強かったです。「ナイトランナー」「ナイトクロウ」を落とすための「おばけのちゃっぴー」とこの3種6枚がデッキの核であるように感じました。それらの墓地肥やしから「ナイトスピネル」「スラッシュシェイド」の展開も非常に強力で、後述するG1止めを実現するのに欠かせないカードでした。互いにバフによって11000に出来るのが強みであり、G3とも殴り合うことができるのでパワー不足は感じませんでした、これらG2の2種類のカードがデッキのメインの勝ち筋であると思いました。

残りのカードはこれらをサポート(保険)のカードです。「荒海のバンシー」は手札に来ても交換が出来、回りやすくなります。「FVキャプテンナイトキッド」「演奏するゾンビ」は「とばけのちゃっぴー」や「ナイトランナー」が引けない時に保険として上から10枚捲りドロップできます。「レイスチューター」はG1としてヴァンガードにライドする他に、リアに出すことでデッキトップを1枚ドロップできるのでこれも保険として使えます。「イービルシェイド」は6000のブーストの他にデッキトップを2枚ドロップしながらさらに4000のバフが出来るので優先してブーストさせたいカードでした。

数回プレイするうちに、シブリーズというカードの存在を教えてもらったのでヴァンガードをG2にライドせずG1のカードで止めるようになりました。本来パワーが足りなくなるところですが、「イービルシェイド」の高ブーストと「ナイトスピネル」「スラッシュシェイド」の2種類のG2はヴァンガードがG1でも出せることで戦えました。

難しいと感じたのはG2G3G4に乗り、試合を決めに行くタイミング

それと、「ナイトスピネル」のコストの七海カードを増やすために「アウレリオ」を採用したり、FVを別のカードにしたり、トリガー構成(今は☆12醒4)を変えたりすることも考えたいです。

せっかく買ったストライドカードを全然使えなくて悲しい(手札が枯れるので多分出せても1回)同じグランブルーでナイトローゼってデッキがあるらしいしそっちも組みたいなあ。

 

オチがないけどヴァンガードは楽しかったです。🐴以外のフォロワーの人ともやりたいです。

 

 

おわり

【メモ】ラブライブNN集

思いつき次第更新 ある程度KPの高いポケモンのみで 

曲名

NNの候補

合うポケモンとその根拠

で考える。めんどくさいので画像とかはつけない。あと、ほぼ全曲に言えてしまうので衣装とポケモンの色が合うからは抜かしておきます。ボールは大抵ダイブルアーラブラブ当たりから選べば間違いない。

曲名編

AqoursHEROES

NN 

そのままで

ポケモン

ゲッコウガ

水タイプでヒーローぽいのがこいつかなと思った。型が豊富なのでHEROESの複数系ってことで。 

 

Awaken the power

NN

theを抜いてAwaken powerがまるそう

ポケモン

ルビィと理亞のサイリウムカラーに合うのはピンクと水色っぽい色のポケモンボーマンダ

進化前の種族値がとても低く進化すると強くなるポケモン種族値の傾向が変わるウルガモスみたいなポケモン

めざめるパワーを持たせることの多い電気タイプ

準伝説系の主人公が目覚めさせるポケモン

 

Daydream Warrior

NN

DDWarriorって感じになると思う、それか歌詞のLostLove

ポケモン

光と闇のDaydreamって言ってるから光ぽいタイプと闇ぽいタイプの組み合わせで考えるとフェアリーゴーストのミミッキュ

悪い夢なんだって考えると催眠のあるポケモン、ハマって詰められる悪夢ならグライオンキノガッサ

気配が消えたで考えると回避率の上がるやつら

ゴジャボダクボあたりに入れたい

 

GALAXY HidE and SeeK 

NN

HidE and SeeK andは&でもいいと思う

G.とか先頭につけてもいいかも

ポケモン

かくれんぼするポケモン=徘徊系、カクレオン

地球じゃないところで生まれたかもとあるのでUB

試練でかくれんぼをするからミミッキュ

 

Guilty Eyes Fever

NN

Guilty Fever G-E-Fever Guilty Secret

ポケモン

GuiltyなEyes メガシンカで目(?)が増えるゲンガー

Feverは熱狂、熱のような意味があるので炎タイプのポケモン

Guiltyのイメージ的には悪やゴーストタイプ

Guilty Night,Guilty Kiss!も同じようなもん、てかギルキスはだいたいこんな感じ

 

INNOCENTBIRD

NN

そのまま Love me do Open eyes Open heartなど

ポケモン

ポケモン

殻を砕いて見せる とあるので殻を破るポケモン

 

Landing action Yeah!!

NN

友達がつけてたLanding-a-Yがまるそうに思った。

それか千歌ソロのNext Stage

ポケモン

曲名に合うランドロス

Landが土地や陸って意味なので地面タイプ

Landingが着陸って意味なので羽休めを覚えるポケモン

Jumpが歌詞に多いのでHigh jump kickを覚えるポケモン

思わずYeahと叫びたくなるような怯ませるポケモン

 

LonelyTuning

NN

そのまま DJtime HAPPYtimeとか

ポケモン

この曲自体浦ラジがモチーフの曲なのでラジオっぽいポケモン、ラジオといえば二世代のポケモン

Lonelyとあるので展開系構築でラストで出すことの多いポケモン(ポリZとか?)

積み技のあるポケモンは割とTuning感ある

 

MIRACLE WAVE

NN

曲名ももちろんのこと、DOKIDOKIWAVEかBAKUBAKUWAVEもいいかも

ポケモン

WAVEといえばThunder waveなので電磁波を覚えるポケモン、特に化身ボルトロス

総じて麻痺らせるポケモンや怯ませるポケモン

WAVEといえば波乗りでもあるので波乗りを覚えるポケモン

 

MIRAI TICKET

NN

そのままかWesayYOSOLO!(YOSOROかも)

ポケモン

難しい、何にでも合う気がする。

未来予知を覚えるのでエスパータイプポケモンがいいかも?

あとコモルーが空を飛びたくてボーマンダに進化する経緯があり、空を飛ぶ未来を勝ち取ったということでボーマンダ

総じて進化すると急に種族値が上がるポケモン(ギャラドスとか)

WesayYOSOLO!なら水タイプか運勝ち系ポケモン

やっぱギャラドスじゃね

 

MY LIST to YOU

NN

曲名まんまでもいいけどMY LIST…やMY LOVE…もちょっとおしゃれ感出ていいかも

ポケモン

自分が好きなポケモンや信頼しているポケモン がいいと思う

そういった意味ではなつき度で進化するポケモン

 

MY舞☆TONIGHT

NN

MYmaiT☆NIGHT

MYmy☆TONIGHT

MYと舞は区別したい

ポケモン

舞技を覚えるポケモン

特にウルガモスは赤い(MY舞のセンターはダイヤさんだと思っているので)し太陽ポケモンだし焔のイメージにも合う

 

Pops heartで踊るんだもん!

NN

Pops heart

Po-Po-Pop

PoppingParty

partynight

ポケモン

ラブラブボールに入っているポケモン

ポップなイメージ(なんだそれ)のあるポケモン(俺の中のイメージではミミロップマリルリカプ・テテフみたいな可愛いポケモン)

party nightならゲンガー(催眠)

ピポポタスと名前似てるしカバルドン

待ってたんだ待ってたんだ君を と歌詞にあるのでバシャーモ@草Zやヒードラン@草Zみたいな地雷系

ずっと君を離さないよとあるので 影踏み

大きな声で叫んでた Ahいい気分 とあるので音技系

 

SKY JOURNEY

NN

そのまま

ポケモン

SKYといえばスカイスキンボーマンダ

ORASの大空を飛ぶで登場するラティ兄妹

SMの空を飛ぶで登場するリザードン

飛行Zを持つことが多いランドロスギャラドスカイリュー

飛行タイプのポケモン

 

STEP! ZERO to ONE

NN

!を消してもギリギリ入らない

STEP!0to1のように数字にする

ポケモン

デリバードマンタイン全国図鑑225と226番のポケモン(1stライブ公演日)

ゼロから一歩を踏み出すポケモンっていうとやはり最初にもらえる御三家

悩みの種の葉っぱ育った/綺麗なハナになりましょうか とあるので草タイプ、フシギバナとか?

この先の未来は謎のままだね とあるので進化の輝石を持つポケモン かといってポリ2は2って入ってるから微妙

Strawberry Trapper

NN

入らないし略もS-Trapperぐらいしか思いつかない

Trap in Dice Trap in Night Trap in Heart

Trick in Diceとか

赤いBerryをRed Berryにしたり

ヨハネ召喚を YOHANEsummonとかでもいいと思う(ヨハネは英語でJohnとかラテンではJohannesとかいうらしいけどヨハネって気づいてもらえなさそうだし)

ポケモン

自慢のチーゴ持ちポケモン

野生で出た時にチーゴのみを持っているガーディ系列

もう何なら木の実を持ってるポケモン

TrapとかTrickの入ったやつにするなら悪タイプゴーストタイプのポケモン

Trap ぽいのはステロやどくびしみたいな技

Trickはトリックやトリックルームポケモン

 

WATER BLUE NEW WORLD

NN

BLUENEWWORLDならギリギリ入る

WATER 入れたいならWATER BLUEも

ポケモン

水タイプ。特に水Z

これしか思いつかない。

 

WONDERFUL STORIES

NN

入らない、WNDFLSTORIESとかなら入るけど微妙すぎW-STORIESぐらいにしちゃう方がいいかも

歌詞のDREAMING DAYSだと入る

ポケモン

青い羽を持つポケモン フリーザ

なんなら羽のあるポケモン

歌詞の意味から考えるなら旅パで使ったポケモン、やっぱり御三家

進化で劇的に姿が変わるとか種族値が急に伸びるポケモン、進化するレベルが高いポケモン

ポケモン考えるのめんどくなってきたのでここから曲とつけたいNNだけ

夏への扉 Never end ver.

NN

Neverendver

Oh yaS-time!

S-S-Shiningとか

 

真夏は誰のモノ?

NN

赤い太陽のドレス

RedSunDress

 

地元愛♡満タン☆サマーライフ

NN

JIMOAI☀LIFE

JIMOAI♡☆LIFE

JIMOAIS-LIFEとか

 

夏の終わりの雨音が

NN

SummerEnd☔

September☔

 

 

 

 

 

 

桜内梨子「全てに意味がある」〜出会いの意味を見つけるために〜



まえがき

この記事は結論が最後に書いてあります。なので結論だけ知りたいよって人はスクロールして一番下まで飛ばしてください。
梨子についての文なので、基本的に善子が拾ってきた犬(あんこ、ノクターンライラプス)は犬もしくはノクターンと表記します。

当然ですがラブライブ!サンシャイン!!のネタバレを含みます。

 

 

はじめに
f:id:mukapoke:20180201021934j:image

「全てに意味がある」というセリフは2017/11/4に放映されたラブライブ!サンシャイン!!2期5話「犬を拾う。」にて、桜内梨子ちゃんが犬嫌いを克服し、しいたけに触り言ったセリフです。
この「犬を拾う。」はよしりこ推しにとっては待ちに待って待ちくたびれたカップリング回であり。自分も梨子ちゃんがノクターンと仲良くなったり、善子とふたりではしゃいだり、梨子ちゃんが可愛いシーンや魅力的なシーン、新たな一面を見せるシーンが多く、シンプルに考えてもとても好きな回です。

そんな「犬を拾う。」において最後に桜内梨子ちゃんが言った「全てに意味がある」という言葉は自分にとってあまりにも衝撃的でした。自分は「全てのことに意味が必要」だと以前から考えていて、あまりにも近い言葉だと思ったからです。
しかし、最初は近い言葉だと思っていたのですが、このふたつは意味が同じなのかどうか疑問に思いました。
ラブライブ!サンシャイン!!2期が最終回を迎えた後でも「全てに意味がある」という言葉について考えては頭の中がモヤモヤしていたことがあります。
今回は大好きなラブライブ!サンシャイン!!2期の中で最も印象に残ったセリフであり、悩まされていた言葉でもある「全てに意味がある」という言葉について考察してみました。

 

「全てのことに意味が必要」の意味

まず、自分の考えている「全てのことに意味が必要」とは行動には意味が伴わなければいけないという意味です。

個人でいる時はそんなこと考えてなくて楽しければいいやぐらいに生きている僕ですが、特にサークルの代表として色々企画する時や大きな決断をする時には、「伝統的に行われていること」を「何のためにやっているんだろう」と本当にやる必要があるのか意味を考えたり、「後輩達と仲良くなりたい」と思って「みんなで食事会に行こう」と意味(理由)が先に来てそのための行動を決めたりしています。サークル全体で行うことはとにかくやる前に1度、本当にやる意味あるの?と明確な意味を考えることが大事だと思うからです。

対して、梨子の「全てに意味がある」とはどういう意味なのかを考えてみました。

 

「全てに意味がある」の意味を考える①
f:id:mukapoke:20180201022356j:image

「全てに意味がある」を素直に捉えた時、まず自分は「人生で起きたことや起こること全てには必ず意味がある」ということだと捉えました。つまり「どんな行動をしても、それには何かしらの意味が勝手についてくる」のかなって思いました。実際に5話において梨子は、
しいたけに触るためにノクターンの世話をした」訳では無いのですが
ノクターンの世話をしたことでしいたけに触れるようになった」ので間違っていないように思えます。
そして、「梨子がノクターンと出会ったことは何でもないように見えて、のちのちにしいたけに触れるようになることと勝手に結びついている運命」であるかのように感じられました。

しかし、自分にとってこれらは普段考えていることと真逆であり、納得できませんでした。実際のところ現実世界で生きている自分にとって、ぼーっと過ごしたなにげない時間や行動や出会いが必ずしも意味を持つとは限らなかったからです。アニメだから意味があるシーンだけを描いているなどと言ってしまえばそれまでですが、それではラブライブ!サンシャイン!!と自分の生き方に対して全く納得出来ず、『「全てに意味がある」という言葉の意味がわからないこと』に気持ち悪さや恐怖感すら覚えたのできちんと向き合って意味を考えようと思いました。

 

「全てに意味がある」の意味を考える②

考えるにあたって、「もう一度全てに意味がある」という結論の言葉の前後を確認し、順番に考えることにしました。

試してみようかなって。これも出会いだから…

私ね、もしかしてこの世界に偶然ってないのかもって思ったの…

色んな人が、色んな想いを抱いて、その想いが見えない力になって、引き寄せられて、運命のように出会う…

全てに意味がある

見えないだけできっと!

そう思えば、素敵じゃない?

 

f:id:mukapoke:20180201094949j:image
私ね、もしかしてこの世界に偶然ってないのかもって思ったの

まず梨子は、この世界に「偶然」はないと思ったそうです。

偶然とは
他のものとの因果関係がはっきりせず、予期できないような仕方で物事が起こること。対義語 必然

という意味なので偶然がないということは、この世界で起こることは全て必然だということでしょう。

必然とは
かならずそうなるに違いなく、それ以外にはありえないこと。

梨子はこの世界には偶然はない=必然である(≒運命である)だと思った。しかし、これはそう簡単に思えることではありません。自分の人生で起こる出来事は予期せずに起きた偶然なのか、それとも最初から決まっている必然なのかは、梨子に限らず我々現実世界に生きる人間にとっても理解できるわけがないからです。それでも梨子はこの世界に偶然はないと思い、善子にも「運命や見えない力はあると思う」と真剣に返しているのですから何かそう確信できるだけの理由があるはずです。

f:id:mukapoke:20180201095010j:image
色んな人が、色んな想いを抱いて、その思いが見えない力になって、引き寄せられて、運命のように出会う…

梨子は人と人(もしくは人と犬)の出会いは運命である(つまり偶然ではない)と語っています。
これを本当にそのまま捉えても良いのでしょうか。
善子が犬と出会った時は運命と感じたのかもしれないですが、梨子が犬と出会った時は運命の出会いであるとは感じなかったはずです。梨子とノクターンの出会いは善子の母親が携帯を忘れたことによって起きたただの偶然だったはずなのです。梨子は初対面では犬が怖くて逃げ回っていたし、苦手な犬に対して一目見て運命の出会いと感じることはまずありえないはずです。

ここで自分のことに置き換えてみました。

自分も小学校から大学生になるまでずっと仲のいい友達🐴がいて、きっとこれからも続いていく仲だと思いますし傍から見れば運命の友達のように思われるかもしれませんが、初めて小学校で喋った時はこいつと何年も一緒に遊んでいる(ましてや一緒に声優のオタクをやっている)とは思いませんでした。ただ偶然同じクラスになったから、同じ漫画を読んでいたから喋ったとかそんなきっかけだったと思います。
傍から見れば運命のように思えるのは、それだけの年月を重ねてきたからです。ずっと一緒に勉強したり遊んだりしてきたから、色んな思いがあったから、後から考えれば運命の出会いだったねと思えるわけです。一緒に勉強したり、遊んだことが見えない力となって、僕らの出会いは引き寄せられた運命であるかのように思えるのです。

梨子が言っているのはそのことだと思います。

この世界に偶然なんてないとは、
全てが最初から決められている運命であるということではないのです。

偶然の出会いが、色んな想いの積み重ねによって起きた見えない力の働きによって運命の出会いに変わる

だからこそ梨子は善子に「信じている限り、きっとその力は働いていると思うよ」と言ったんだと思います。

 f:id:mukapoke:20180201095024j:image

ダイヤと鞠莉と、3人でここで曲作って、その想いが繋がって、偶然が重なってここまできた

この世界に偶然なんてない。という言葉の自分なりの解釈でこの言葉を受け取るならば
重なったのは偶然の出会いだけじゃなくて色んな人の想いなんです。Aqoursのみんなが、廃校を防ぎたいとか、ラブライブで優勝したいとか、お姉ちゃんと一緒に踊りたいとか、Aqoursに頑張って欲しいと思う浦女のみんなとかそういう想いが重なってここまできたんです。断言できます。だからこそAqoursのメンバーの出会いは偶然じゃないと言えるわけです(この世界に偶然ってないのかも)。自分たちが適当な友達との出会い全てを運命の出会いとは思わないのと同じで、もしAqoursのメンバーが出会っていたとしても9人でスクールアイドルをやることがなかったならば、やっていたとしても何も目的を持たずにダラダラとスクールアイドルをして予選敗退していたならば、これは運命の出会いとは思えなかったはずです。

つまり梨子にとってノクターンとの出会いは、偶然の出会いから、運命の出会いに変わったんだと考えられます。
では、いつノクターンとの出会いが運命の出会いだと思うようになったのか

f:id:mukapoke:20180201095154j:image
全てに意味がある、見えないだけできっと

そう思えば、素敵じゃない?

ここでいう「意味がある」とは「意味がある出会い」のことだと思います。「意味がある出会い」とはつまり、「運命の出会い」のことです。全ての出会いが(何でもないように見えて)、実は運命の出会いであると思えば素敵じゃない?という意味が込められているように感じました。

アニメでは素敵じゃない?で終わっていて千歌が答えたりしているわけではなくEDが始まりますが、疑問形で終わるのは不自然なので書かれていない反語だと思いました。反語といっても否定ではなく肯定です。

全ての出会いが(何でもないように見えて)、実は運命の出会いであると思えば素敵じゃない?の後に
だから、私は全ての出会いを運命の出会いにしたい(運命の出会いだと思いたい)
が省略されていると考えました。

そして梨子がやろうとしていることは

偶然の出会いを、色んな想いを積み重ねて起こした見えない力の働きによって運命の出会いに変える

犬が苦手な梨子にとってノクターンとの偶然の出会いを、運命の出会いに変えるためにすることは、しいたけに触ること
そうしたら、ノクターンとの偶然の出会いは梨子にとって自分から犬に触ることができるようになるきっかけをくれた運命の出会いになる。
梨子はノクターンとの出会いを運命の出会いだと思うために、勇気を出してしいたけに触ったんだと思います。ここでポケットからノクターンの餌が出てくるのもそれを表しているのかなって思いました。

f:id:mukapoke:20180201095624j:image

ユメノトビラ

出会いの意味を見つけたいと願ってる。

ユメノトビラを歌った彼女だからこそ、ノクターンとの出会いにも意味を見い出したいと思ったのではないかと思います。

運命の存在を信じている限り、偶然の出会いは自分次第で運命の出会いにすることができるのでしょう。

 

「全てに意味がある」という言葉の意味

出会いに限らず、きっかけは偶然かもしれないけど、それが意味を持つことは偶然なんかじゃなくて自分次第。
自分の力でそれに意味を持たせる。意味を持たせるために頑張る。それによって偶然は運命に変わる。
しかし、出会いはもちろん偶然や運命もひとつの例え話に過ぎません

「全てに意味がある、見えないだけできっと。そう思えば素敵じゃない?」とは
自分がやってきたことや出会いの全てが意味のあるものだったと心から思うために今を精一杯頑張って生きること

12話において梨子は千歌と曜に次のように打ち明けています。

f:id:mukapoke:20180201095753j:image
私、自分が選んだ道が間違ってなかったって心の底から思えた
辛くてピアノから逃げた私を救ってくれた、千歌ちゃんたちとの出会いこそが奇跡だったんだって
「だから勝ちたい、ラブライブで勝ちたい。この道でよかったんだって証明したい。」
今を精一杯全力で、心から
スクールアイドルをやりたい!

自分が選んだ道は間違っていなかったとしつつも、ラブライブで勝つことでスクールアイドルをやってよかったんだと証明したい

スクールアイドルでよかったと心から思うために、ラブライブで優勝したい

「全てに意味がある、そう思えば素敵じゃない?」という言葉の意味を考えたことで、「ラブライブで勝つことで間違ってなかったと証明したい」という言葉を深く納得できたと思います。


まとめ

自分の考え方は「行動する前に意味を考える」で、梨子の考え方は「行動したことに意味を見つける」でしょう。
自分の考え方が間違ってるわけではないと思うけど、梨子の考え方はすごくいいなって思います。

自分の好きなラブライブの曲に次のような歌詞があります。

 f:id:mukapoke:20180201125642j:image

想いよひとつになれ

かけがえのない日々を積み重ねて

 f:id:mukapoke:20180201125755j:image

WATER BLUE NEW WORLD

明日への途中じゃなく 今は今だね

今を重ね そして 未来へ向かおう

いつかそう思うためには、かけがえのない今を重ねること。今は明日への途中じゃないから、毎日一生懸命に今を生きること。本気で頑張った日々だけがいつか意味を持ち得るんだろうなって思います。

ラブライブについてこうして考えることで、いろんなことを自分なりにではありますが理解することが出来ました。きっと偶然と運命の違いなんてラブライブがなかったら考えることもなかったテーマだと思います。
こうして考えて、いろんなことを感じ取って、それだけでもいいのかもしれないけど、自分のこれからの人生で感じたことを形にしたい、行動に移したい。それがラブライブっていうコンテンツに対して出来るいちばんの恩返しなんじゃないかなっていつも思います。ラブライブを通じて自分はこんなふうに変わったんだっていう姿を見せたい。そうすることこそがラブライブ!サンシャイン!!で描かれていることだし、いつかラブライブが終わる時や飽きる時が来たとしてもラブライブを見てよかったと心から思えるはずだから。ラブライブと出会えたことに意味を見つけたいです。

 

あとがき

ここまで長く内容の散らかった文章をお読みいただきありがとうございます。
今回の記事ですが、書こうと思ってから1ヵ月、ひいては初放映の日から毎日少しずつ発見したり気づいたりしたことをメモ帳にまとめて書きました。少し考えるとついさっきまでとは真逆のことになったりもして、今でも「偶然と運命」「全てに意味がある」というテーマに対してたくさん考える余地があるとは思っています。少なくとも善子側に立って考えてないですし。そして、書いていて内容がうまくまとめられないことや思っていることをそのまま書けない文章力の無さを痛感しました。本当は千歌の「最初から奇跡を起こそうなんて人いないと思う」とか、ダイヤの「私が書いたことは現実になる」とかルビィが面接の時ダイヤに励まされていたことを思い出すシーンについても書いてみたかったのですが、うまくまとめられる気がしなかったので梨子を中心に丸く収めた形になりました。今後の大学生活ではレポートを書いたりする機会が増えると思うのでよりよくしていきたいです。

質問や感想がある方がもしいらしたら、リプライか以下のリンクから投稿していただけると嬉しいです。

りこせんの質問箱です | Peing

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ
ラブライブ!サンシャイン!!2期が終わった今見返してみると、「犬」をピアノ、「ノクターン」をスクールアイドル、「しいたけ」をラブライブの決勝に例えると、この2期5話ってラブライブ!サンシャイン!!全体を通しての梨子の想いの移り変わりも表していると言えるかもって思いました。

ラブライブ!に出会えてよかった話

(超絶自分語り記事です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブライブ!に出会えてよかった話  りこせん

 
僕はラブライブ!ラブライブ!サンシャイン!!が大好きです。そもそもアニメも漫画もあまり見ないので、唯一の好きなアニメでもあります。ラブライブ!への好きのカタチは人それぞれだと思います(アニメ、ライブ、声優、楽曲、スクフェスはもちろん、二次創作、演奏、コピーダンスなど)が、せっかく好きなんだからいろんな楽しみ方がしたいと思ってアニメの感想をブログにまとめてみたり、ライブに行ったり、好きな声優さんの写真を集めたり、時には二次創作のSSを読んだりして楽しんでいます。そして自分がラブライブ!で一番好きなところは、彼女たちの物語を通して「勇気をもらえるところ」です。「みんなで叶える物語」という言葉がラブライブシリーズ通じてのキーワードになっていますが、ファンがラブライブを応援するだけでなく、ラブライブがファンを応援してくれる。そんなラブライブが僕は大好きです。

 
f:id:mukapoke:20171117203452j:image
ラブライブ!と出会ったきっかけは高校2年生の夏休みのことです。その時水泳部で、たまたま部活の大会の待ち時間にスクフェスをやっている友達に貸してもらって遊んだのが始まりでした。ラブライブ!の曲もアニメも全く知らなかったのですがスクフェスをやり始めて、同じ部活の他の友達と一緒に始めたので毎日〇〇をクリアしただの、〇〇が出ただの話をしながら楽しくプレイしていた覚えがあります。そんなある時、アニメのラブライブ!を見ることになりました。今でこそ1話毎に色々注目しながら見ていますが当時は高校生だったことと、初めてみる(深夜?)アニメだったので単純に「海未ちゃんが可愛い」とか「スノハレすごい」とか「μ's解散しないで〜」とかなんとなくそう思いながら見ていました。これだけだったら飽きていたのかもしれませんが、たまたま当日に行った5thライブのLVがなんだかすごく楽しかったので本格的にラブライブにハマっていきました。

 

f:id:mukapoke:20171117203735j:image
ここからは主にアニメの話が中心になります。

高校2年生の時に初めてラブライブを見て、2期の最終回まで見た時の感想は「面白いとか感動したとかよりも羨ましい」という気持ちでした。
その頃はクラスでも全然馴染めなくて、部活もやっていたとはいえ選手としては大した実力ではなかったので、アニメのμ'sが9人で自分たちのやりたいことを成し遂げた姿やいつも8人の仲間が側にいて支えてくれるところ、大会が終わったらμ'sをやめるところ(つまり時間制限の中でできる限り頑張る姿)に羨ましさを感じていました。大学受験の学年である高校3年生が近づく中で、「自分はこのままあと勉強するだけで高校生活を終わっていいのかな?」とか「μ'sみたいに何かを頑張りたい、高校最後の1年は後悔のない1年を過ごしたい」とか思うようになりました。
高坂穂乃果ちゃんに憧れるようになりました。突然スクールアイドルをやりたい!と言い出して、着いてきてくれる仲間もいる。自分のやりたいと思ったことを素直に行動に移し、それに向かって我武者羅に頑張る姿を見て、自分も穂乃果ちゃんみたいになりたいって思うようになりました。何よりも、頑張っているμ'sがめちゃくちゃ楽しそうに見えたというのもあります。
ラブライブ!の穂乃果ちゃんが頑張るきっかけをくれて、やりたいと思ったことや、やれそうなことは全部やろう。という考えを持つことが出来ました。


f:id:mukapoke:20171117201830j:image
高校3年生の最初は当然上手く行かなくて、周りが勉強をし始めると焦り出し部活を早く引退したいとか思うようになったりもしたのですが周りの友達もやってるからと思って一応周りの引退する大会までは出ることにしました。
そして劇場版ラブライブ!が部活の引退試合の日に公開されて、
未だにラブライブ!の中でも心に残っている

「限られた時間の中で、精一杯輝こうとするスクールアイドルが好き」

というセリフ
このセリフが自分のやることは間違っていないんだということの後押しになってくれました。もちろんスクールアイドルをやるつもりはなかったですが、「限られた時間の中で」「精一杯輝こうとする」という言葉に本当に本当にパワーをもらえました。それと同時に、タイムは遅かったけど部活をちゃんと引退試合までやってよかったなと思えるセリフでした。

劇場版ラブライブ!の公開後すぐに、学校で文化祭の準備の話題になりました。これが本当に、穂乃果ちゃんみたいになりたい!と思っていた自分にとってはやりたいことをやれるチャンスでした。
文化祭で3年生が受験の合間を縫って劇をやる学校だったので、やってみたかった演者として主役級のものに立候補しました。他の人たちががっつり勉強をしている中で人数不足の大道具係の手伝いをしてみたり、クラスが喧嘩した時には仲介役をやってみたり、演者としての練習の他にも自分がやりたい、やらないとって思ったことは全部やりました。高校3年生の夏休みは予備校にも通っていたので朝予備校、昼文化祭の準備、夜予備校のような充実した毎日を送ることが出来ました。もちろん、ラブライブ!にも本気でありたかったので映画のイベントがあれば参加してましたしスクフェスのイベントも走ってました。頑張ることに夢中でした。
文化祭は色々あったものの最終的には楽しく終わることが出来て、ただ楽しいだけではなくて、本気でやれば友達もみんな助けてくれるし、自分も友達のことを助けることも出来ること。恥ずかしがらずにみんなの前に立ってみると、思ったより上手くいくこと。変わったところでは、体育館で劇をやって、みんなの前で演技をすることの楽しさと緊張感を知ることも出来てμ'sとかスクールアイドルってやっぱすごいんだなと再確認することも出来ました。
文化祭を頑張った分、勉強は疎かになっていたので志望大学に入れるかどうか不安だったのですが、無事に合格することが出来ました。
高校3年生がとても充実していて、人間本気でやりたいことをやってみれば色々やり遂げることが出来るんだなと思いつつ、穂乃果ちゃんの
「やり遂げたよ、最後まで」
というセリフを思い出して、ただセリフとして聞くだけではなく、心の底から頷けるようになりました。本当にやりたいことややれそうなことは全部やり遂げたって思えました。

高校3年生の1年間はきっと一生忘れることがない思い出ですが、そのきっかけを作ってくれたのは他でもないラブライブ!であり、穂乃果ちゃんたちμ'sであります。穂乃果ちゃんが「自分もこうなりたい!」と思えるような人間でありながら、本当に普通の高校生で「もしかしたら自分にもできるかもしれない」と思わせてくれて、やってみようっていう勇気をくれたことは、本当にラブライブ!やμ'sに感謝してもしきれないぐらいです。
もしラブライブに出会えていなかったら、きっとこんな風にはなっていなかったと思います。それに、ここまで色々出来たのは奇跡だと思っています。限られた時間の中で、精一杯輝きたいと思わせてくれて本当にありがとう。

そして、大学に入っても自分がやりたいって思えることをやろうと決意できました。小さい頃からポケモンが好きで、対戦が好きなのでポケモンサークルに入ることにしました。高校の時の部活ではタイムを争うことが出来なかったのが悔しかったので、今度こそ真剣な戦いがしたいと思って入ることにしました。
サークルでは代表をやっていて未だにμ's、特にリーダーの穂乃果ちゃんを見て思ったこと、やりたいと思ったことや楽しそうだと思ったことをやり遂げることを目指して日々頑張っているところです。これが最終的にどうなるかはまだまだわからないけど、最後にはまた「やり遂げたよ、最後まで」と思いたい。


f:id:mukapoke:20171117202621j:image
ラブライブ!サンシャイン!!は自分がラブライブ!を好きになってから始動したプロジェクトなので、純粋に最初からラブライブを楽しむことが出来ていることや、μ'sの時には叶わなかったライブで現地に行くことが出来てとても楽しいです。

アニメのラブライブ!サンシャイン!!
1期の1話で、千歌ちゃんがμ'sのSTART:DASHを見て「普通の高校生なのにキラキラしてた」と言った時、「お前は俺か?」って思いました。
その他にも、「お前は俺か?」と思うシーンは結構多くて、1期の9話で千歌が喧嘩をやめるように叫ぶシーンは、文化祭の練習の時に喧嘩したクラスの前に立って喧嘩はやめてみんなで一緒に頑張ろうよって言ったことを思い出したり、13話で果南が「高校3年になってこんなことになるなんてね」という言葉とかめちゃくちゃわかるなあって思いました。
サンシャインの1期を見た時は、Aqoursは自分と同じで、μ'sに憧れてやりたいことをやり始めた仲間みたいな感じがしました。そして徐々に成長していくAqoursを見て、自分も自分のやりたいことを頑張ろうって思いました。
アニメではなくキャストの話になりますが、1stライブや2ndライブツアーで、Aqoursには頑張ろうと思えるエネルギーをたくさんもらえました。ただそれは、りきゃこやきんちゃんが言ってたみたいにAqoursに会えると思って頑張ろうというわけじゃなくて、Aqoursも頑張っているんだから自分も頑張らなきゃって思わせてくれる。Aqoursは自分の中ではライバルみたいな存在になりました。日々新しいことにチャレンジしていくAqoursのキャストやアニメのAqoursを見ていると、負けていられないぞって思うんです。


f:id:mukapoke:20171117202722j:image
今回これを書こうって思った理由でもあるのですが2期6話で、千歌ちゃんは自分が出来ないことに挑戦し仲間の助けもあって成功させました。
それを見て、こう思いました
「自分は自分の出来る限りのことはやっているのかもしれないけど、まだ自分の出来ないことをやってない。」
ライバルだと思っているAqoursに負けたくないので、千歌に負けないように自分が出来ないと思ったことを、誰かの助けを借りてもやり遂げたいと決意しました。
ポケモンサークルって他の人からみたらくだらないことかもしれないけど、千歌も最初スクールアイドルをやりたいって言った時みとねえにあんたが?と鼻で笑われていたし、自分の中では本気でやりたいと思っていることだからやってよかったと思えるようにしたい。

「信じてあげなよ、自分だけの力。君が君であろうとしている力。」
「できるかな?できる!」

Aqoursを見て頑張ろうって思ったことをAqoursが応援してくれるのやばくないですか。

 

最後に
ラブライブ!は勇気をくれるのが好きと最初に書きましたが、1番勇気をもらえるのはアニメやキャストに関わらず「μ'sやAqoursが楽しそうにしている姿を見せてくれて、自分もやりたいことをやって楽しみたい」と思わせてくれるところです。
彼女らの笑顔をみると頑張ろうって思えます。

今の自分があるのは全部ラブライブ!のおかげ とは言わないけど、ラブライブに出会えたから今の自分があると思ってます。

ラブライブ!に出会えてよかった!


f:id:mukapoke:20171118110947j:image

おわり

 

 

 

11/4(土)実質ゴールデンウィーク2日目

2日目の朝5:30頃京都に着きました。

夜行バスは時間的な苦痛はありませんでしたが、体力を削られてしまったのでとりあえずマックで休憩(関西ではマクドって呼ぶらしい)して、キャリーをロッカーに入れてどこに行くか考えました。

とりあえず中学の修学旅行で行かなかった伏見稲荷大社へ歩き始めました


f:id:mukapoke:20171106043740j:image

途中で鴨川を渡ったのですが水がめちゃ綺麗でした。内浦の海といい、水が綺麗だとそれだけでちょっと嬉しいです。うちの近所の川は数年前まで駅のトイレ垂れ流しでメチャくさかったので。水の音もすごく綺麗で落ち着いた雰囲気でした。


f:id:mukapoke:20171106044134j:image

30分弱歩いて伏見稲荷大社に到着しました。朝早くだったのでほとんど人がいなくてガラガラでした。
f:id:mukapoke:20171106044426j:image

朝早くだったので千本鳥居に誰もいない写真も撮れました。

千本鳥居っていうけど本当に1000本もあるのか?と思っていましたが、実際に言ってみると本当に1000本だけ?って思いました。そのひとつひとつがいろんな商売繁盛の願掛けのために建てられているらしく、いろんな人の願いが沢山集まって観光名所になっていることが本当に凄いと思いました。

 

伏見稲荷大社は山のようになっていて、往復で2時間ほど滞在しました。降りてきたら参拝する方がたくさんいて、上の写真ような誰も人がいない状態がかなり珍しいことなんだと気づかされました。

 

帰りは電車で京都駅に行ってから、地下鉄の乗り放題券を購入。

どこに行くのかも決めてなかったのでアテなく地下鉄に乗ったら、あまりの疲れで逆方向に乗って終点に着いてしまい、乗り換えたら寝てしまって逆側の終点のふた駅手前ぐらいまで行ってしまいました。

 

このままではモグラになってしまうと思ったのでとりあえず京都といえば清水寺だろうと思って一番近そうな駅で降りました。そしたら
f:id:mukapoke:20171106094215j:image

知恩院というお寺があったので寄ってみました。特別に何かがあった訳ではありませんが歩いてみて自分で発見できたことが良かったです。

 

清水寺に行くつもりだったのですが、いい時間になっていてので昼ごはんを食べようと思い、サークルで知り合った京都出身の友達におすすめを聞いて行きました。


f:id:mukapoke:20171106105149j:image

四条駅から歩いて5分ぐらいのところにある「すがり」さんの牛もつつけ麺です。

1時間ぐらい並んで食べることが出来ました。卵を絡めてつけ麺を食べるのは初めてだったので新鮮でした。牛もつと魚介系のスープが美味しかったです。

お店自体もおしゃれで 、自分は詳しくないのですが教えてくれた友達は「町家風」と言っていました。入口は狭目で身長の低い自分でもかがまないとぐぐれないほどです。中に入ると廊下があり天井はとても高く、途中に券売機が設置されています。廊下を抜けると中庭に出て、背の低い木が植えられている他、螺旋階段で2階繋がっているようでした。中庭と席、キッチンは開放されていてお店で流れているかっこいい音楽も待ち時間に聞こえてきました。1時間待ちましたが、待っている時も京都風のスタイルを感じることが出来、飽きませんでした。写真を撮り忘れたので、[食べログ]アクセスが制限されています食べログとかの写真を見ればなんとなく雰囲気をわかってもらえると思います。

 



f:id:mukapoke:20171106195055j:image

その後は四条のあたりをウロウロして、お土産買ったりとか、錦市場を歩いてみたりして祇園の方まで歩いたら、泊まらせてもらう高校の同級生の友達から、18時に家の最寄り駅集合 と声をかけられたので四条まで戻り、キャリー回収したりして電車で友達の家に行きました。

 

友達の家についてからは近所の中華料理屋に行って、シャワーを借りて、その後は野球をつけて、横浜ファンではないのですが2人で横浜を応援しながら見ていました。

それと、友達に最近ついてなさすぎる話をされて面白かったです。あとはお互いの趣味(自分はポケモン、友達はデュエマ)の話をしたり、最近会った高校の友達の話をしたりしました。

野球の方は今永投手がほぼ完璧に抑え込んでいて横浜勝ったか?!と思っていたらいつの間にか自分が寝落ちしていて、友達の叫び声で起きて、「どうしたの!?」って聞いたら内川がホームラン打って同点になってたのでこの時点でもう無理かなって思いましたね。そもそも、サファテが3回も投げてるの反則すぎる。最初は22:30からラブライブを見ようと思っていたのですが野球が延長したので野球を見ていました。結局それも途中で寝落ちして、23:30ぐらいに起きて友達に結果を聞いたら「ソフトバンクサヨナラ勝ち」って言ってました。やっぱりな。

その後は友達が翌日バイトがあるみたいなので早めに寝ました。布団を貸してもらえたので夜行の2億倍快適でした。友達に感謝。

 

めちゃくちゃ疲れたけど、友達と喋ったり伏見稲荷大社で山登りできたり、とても楽しい1日でした。

 

 

 

 

11/3(金)実質ゴールデンウィーク1日目

この三連休はいろんな大学の学祭が被ってて楽しい週末。

今学期は月曜日が休みになったのと、ラブライブのファンミ大阪が当たったので4連休で旅行に行くという実質ゴールデンウィークのような感じになりました。楽しみです。

 

今日の思い出

11/3(金) 晴れ

仲のいいポケサーの友達がいる明治大学のめいじろうカップという大会に申請していました。

せっかく明治大学に行くことになったので、高校の後輩のサークルにも遊びに行くことに。

サバゲーサークルに入ったらしく、射撃をやらせてもらいました。初めてだったのでゆっくり歩きながらやってたら景品もらえなかったです。

久々に後輩と喋って、文化祭で活躍する後輩の姿を見れて一安心しました。自分のサークルは文化祭で出し物はしないのですが、後輩がやってるのを見たらやりたい気持ちが出てきましたね。最後に後輩と記念撮影をして、またガンプラ作ったり飯を食べに行く口約束をしました。

 

その後はめいじろうカップへ、ポケモン対戦はちょうど構築作り途中なので流用のもので出たら2-4という物足りない結果に終わってしまいました。ただ、高校の時に一緒にポケモンをやっていたのに大学で離れてしまった友達と、後輩もひとり連れて一緒に出られたのでよかったです。

負けた後は明治のポケサーの元代表の人と色々な話をしました。今注目しているポケモン、強いと思ったポケモン、流行っているポケモンを教えてもらえたのもよかったことのひとつなのですが、その後に先日行われた全国PCLへの臨み方の話をして、「人間としてのあり方」の話が出来たのでこれが11/3の一番の思い出です。

具体的には、結果よりもそこに至るまでの過程の方が重要である。という話をしました。

自分のサークルと、明治のサークルを見比べた時、仲の良さなどの点では負けていないように思えたのですが対戦へかける意気込みというか、根本的な点で自分のサークルとは違っていると思い質問させてもらいました。

明治のサークルは、全国PCLで「優勝する」という目標ではなく、全国PCLという大会を通じて人として成長する過程を重視して、その結果として優勝っていう結果が着いてきたらいいという考えでPCLに臨んでいたそうです。

例えば、構築をみんなで意見を出し合って作ることで勝った時はみんなで勝ちとった勝利であり、負けた時もそのひとりのせいではない。とかそういうことを通じてお互いに協力してやったとかいう過程が大事なのだと感じました。

自分のサークルは、ひとりひとりの勝利へのモチベーション(承認欲求)は高かったものの、ただ勝てればいい というだけで、勝つまでの過程を全く考えられていなかった。特に決勝トナメの日に各々が自分のレートに臨んでいた様子(モチベが高いのはいいことだと思うけど)や、ただ一番強い先輩を出して勝てればいいというのがまさに結果が全てというサークルの現状を表していると思いました。

自分は全国PCLで、仲間が対戦した時も自分が対戦した時も、勝った時も負けた時もあんまり嬉しくも悔しくも思いませんでした。

それは自分が全力でやれなかっただけかもしれないけど、少なくとも「全員で協力する」ってことをしていれば勝った時嬉しいし負けた時悔しいって思えたんじゃないかって。

 

対戦重視のポケサーということで、対戦へのモチベーションが高く保てるのはすごくいいと思う。

だけど、大学で4年間サークルに所属して、ただポケモンが強くなりました、だけじゃ今後の人生に何の意味もない。俺は大学で4年間やるからには、何か今後の人生でも通じることを得たいと思って、だから、代表になってからは「自分」はただポケモンが強くなることよりも、サークルを良くするためには、サークルで楽しんでもらうためには、サークルの魅力を増やすためには と考えながら行動してきたつもりだった。

しかし、明治のその代表の人はそれを「サークル全体」に気づかせようとしていることに本当に尊敬しています。

 

全てのことに意味があり、意味が必要 なのだと最近思います。

ポケサーで過ごす4年や6年も、意味があるものにしたい。

 

そのことに気づけた(再確認できた)のが11/3の一番の思い出でした。

去年はこの代表の人に強いポケモンを教えて貰って予選を抜けて嬉しかったのですが、今年は代表としてそういう深い話が出来てちょっと成長できたのかなと思いました。嬉しいことです。

こういう先輩がいる明治のサークルがめちゃくちゃ羨ましく感じましたが、それは叶わないことなので、自分がこういう存在になりたいです。

 

 

めいじろうカップと明治の先輩との話の後は帰宅して、飯を食べて、今夜行バスで京都に向かっています。

人生初の夜行バスなのですが、新しいことに挑戦してみるのは楽しいですね。

明日は高校の時の同級生に泊めて貰って飯を食うのがめっちゃ楽しみ。

 

おわり

 

追記

これ書いたの金曜の深夜なんですけど、5話で梨子ちゃんが「全てに意味がある」って言っててなんか嬉しかったです。

そこに気づくまでの過程とかはちょっと違いますけどね